笹子トンネルの下り車線の復旧時期が決まりました。この寒さでイチゴの赤くなるのが遅れています。遅れる分、イチゴが大きくなり甘くなります。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は12度。最低気温はマイナス2度。日の出6時43分の入り16時32分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 いちご狩りは12月15日からオープン。いちご狩りは、12月16日までご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。イチゴの通販は、12月1日から開始しました。中央道下りは、年内に上下線を、交互通行にして渋滞を緩和予定。中央道上りは、復旧見通し無し。中央道の笹子トンネル迂回路について。 1.迂回路の国道20号は、時間帯により渋滞が予想される。平日は、従来より40〜50分余分 2.土日に大幅に渋滞する時は、御坂から河口湖に抜けて中央道に入る。通常より60分ぐらい余分。 3.土日に大幅に渋滞する時は、精進湖線から河口湖に抜ける。 通常より60分ぐらい余分。 今日、ようやく笹子トンネルの下り車線の復旧見通しと方法が報道された。 年内までに、下りのトンネルのコンクリートの天井を全て取り除いてから、トンネルと開通するそうです。 11月からの寒さが継続し、12月は昨年以上の寒さになりそうです。 甲府は、明日の朝から3日間、連続マイナス4度の予測です。暖房を節約すると昨年のような、イチゴの大不作になるので、農家の皆さんご注意ください。 当館は、11月からこの寒さに備えて暖房を従来より高めにしています。 しかし、ハウスの外が寒い時は、どんなに暖房を強くしても、イチゴの実は、赤くなりません。花芽分化の遅れと、この11月からの寒さでイチゴの収穫時期はさらに遅れそうです。 当館のイチゴも急に赤くなるのが遅れ始めました。しかし、赤くなるのが遅れる分イチゴの甘さはどんどん増します。お客様にとっては、「イチゴが大きくなり、甘さも増し」良い方向です。 写真1.寒さが厳しいと写真のようにイチゴが毎日1mmずつしか赤くなりません。さらに白と赤のコントラストがハッキリ付きます。 当館の最低気温を10度と例年より1〜2度高めにしても、赤くなるのは遅れます。 写真2.特に順路2のあかしゃのみつこ・紅ほっぺ・さちのか・アスカルビーなどは、章姫に比べて赤くなるのが遅れています。早めに、ご予約を止めてよかったです。残り1週間でさらに赤くなります。 写真3.入り口の受付の後ろに、「グルメいちご館前田のいちご狩りシステム」と「プライベートエリア制」と「当館の案内図」を掲示しました。受付の僅かな待ち時間にでもお読みください。 写真4.順路1の前にも、受付と同じ説明看板を吊るしました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA