花芽分化が遅れていた無処理の章姫も11月19日頃には出蕾するでしょう。来シーズンの親株の章姫の鉢替え。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は19度。最低気温は8度。日の出6時15分の入り16時43分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 現在館長が一番気になっていることは、無処理の全ての品種の出蕾が、一時的に止まったことです。 館長の推測では、11月19日頃には、出蕾すると思っています。それを裏ずけるためには、未出蕾の株の葉を取り除き、次に出てくる蕾を確認することです。 元気で生育の良い株を、調査のために潰すのは、もったいないですが、19日の出蕾が確認できるので、耐え忍びます。 結論ですが、現在の新葉の次は蕾でした。館長の予測通り11月の19日頃には、無処理の苗も全て出蕾するでしょう。 しかし、蕾が実になり食べられるのは、1月10日頃になります。 今シーズンは、クリスマスから1月13日頃までは、短日夜冷処理と半短日夜冷処理のいちごでいちご狩りが出来ます。 1月13日以降は、無処理の苗のいちごでいちご狩りが出来るので、館長も客様にご迷惑をおかけしないですむのでホットしました。 購入した、来シーズンの親株の章姫を、7.5Cmのポットから9Cmのポットに植え替えました。 理由は、大きなポットに移し替え、3月の定植まで肥料キレや水キレを防止するためです。 写真1.調査に使った生育が良い9月13日に定植した章姫。地上部は、15Cm。地下部は、30Cm。クラウンの太さ19mm。 写真2.ついでに根の生育状況も調査。見事な新根です。直根も沢山出ています。 写真3.現在の新葉の次に準備されていた、チューリップの形状をした蕾です。 写真4.9.5Cmポットに移し替えた来シーズンの章姫の親株。3月まで、元気に育てます。 写真5.このハウスは、来シーズンの親株ばかりです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA