いちご狩りハウスは、短日夜冷処理の苗が花芽分化を起こし出蕾しています!

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は18度。最低気温は5度。日の出6時11分の入り16時47分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 8月と9月の温暖化で、無処理のイチゴの花芽分化は大きく遅れています。短日夜冷処理のイチゴの8割は、ほぼ計画通り出蕾が認められました。 心配していた、短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)は、約6割の出蕾が認められました。 しかし、無処理の章姫や紅ほっぺの中で株が大きく成長した苗は、約3割近く出蕾が遅れています。 これは、暖かさのため栄養成長から生殖成長に未だ、切り替われないからでしょう。  写真1.1個目の花が咲き終わり2個目3個目の花が同時に咲き始めました。 写真2.10月12日に出蕾し、もう実が白くなり始めた、紅ほっぺ。もう10日もすれば食べられるでしょう。孫の光咲が楽しみにしています。 写真3.10月15日に出蕾した短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)。形も良くありませんが、10日後には食べられるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA