定植30日後のイチゴの生育状況。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は雨。 最高気温は16度。最低気温は10度。日の出6時05。日の入り16時54分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 2日間イチゴさん達と会えない寂しさから解放されて、今日もいちご狩りハウスの中を独り占め。 不思議ですが、この時期雨が降る度に、一回りイチゴが大きく成長します。 9月からの定植から、最低30日以上過ぎているので、苗も十分大きくなり、何時でも出蕾Okです。 短日夜冷処理の苗は、ほぼ出蕾してきたので、一安心です。短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)は、若干出蕾が遅れていて、少し心配です。 半短日夜冷処理の苗も、ぼちぼち出蕾が始まってきているようです。 無処理の章姫は、小さい株のみ出蕾が出ていますが、大きくなった株は、当分出蕾が遅れそうです。 写真1.順路1の章姫。ほぼ昨年並みの大きさに生育してきました。 写真2.順路2のあかしゃのみつこ・紅ほっぺ・さちのか・アスカルビー・かなみひめの。まだ昨年の大きさには、追いついていません。 写真3.9月13日に定植した無処理の章姫。大きくなりすぎて、出蕾は、11月5日〜12日に遅れそうです。 写真4.短日夜冷処理・半短日夜冷処理・無処理のアイベリー。 写真5.短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)。定植後30日で、ようやく株が大きくなってきました。 写真6.半短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)。連結多芽を防止するために、少し生育を抑えなければなりません。 写真7.短日夜冷処理の紅ほっぺ。そろって出蕾し、花が咲き始めました。定植が9月17日で出蕾が10月15日頃と理想的な定植でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA