誠和の「プロファインダー」の設置後の説明がありました。章姫と紅ほっぺとアスカルビーに出蕾!

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は25度。最低気温は13度。日の出5時50。日の入り17時12分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 腰痛の再発で、昨日までブログを書くことが出来ませんでした。やはり、床の掃き掃除が再発の一番の原因でしょう。 昨日、群馬から(株)誠和の戸田さまと寺嶋さまがプロファインダーのご説明に来られました。 「プロファインダー」は、9月22日に書いたように、様々なデーターを時系列的に一括管理ができる優れものです。 まだ発売されたばかりなので、良いところ良くない所があります。さらに、どのようにしてこのデーターを栽培管理の向上による収穫量の増加と暖房・温湯・炭酸ガスなどの経費削減に結び付けるかが課題でしょう。 館長も当面は、データーの蓄積と分析に努めたいと思います。 ペンタキープVとフレンドの併用の効果の説明も受けました。早速、購入することにしました。 短日夜冷処理の苗は、館長の計画より7〜10日早めに出蕾が見られます。 短日夜冷処理の章姫は、平均で12パーセント、早いエリアでは30パーセントの出蕾が見れました。 まだ苗も小さく、新葉も少ないので実を成らせません。10月20日に導入するミツバチさん達の受粉の練習に使います。ミツバチも、導入後すぐに受粉活動するとは限りません。その後、章姫は、花房ごと除去します。 短日夜冷処理の紅ほっぺは、まだ1パーセントの出蕾です。紅ほっぺは、実をならしながら自分の株を大きくて切るので、実を成らせます。 15〜22日には、全て出蕾するでしょう。 短日夜冷処理のアスカルビーに出蕾。こちらは、章姫や紅ほっぺの出蕾が予定より早そうだったので、定植時の古い葉を残してあるので、6〜7割は実を成らせそうです。 写真1は、「プロファインダー」からパソコンにデーターを取り込んでいます。誠和さんの会員友の会に入り、地温を取り込むソフトのパスワードを待っています。 ちなみに、パソコンは購入者負担です。さらにデータを収集する期間、パソコンの電源は入れっぱなしにしなければなりません。 写真2.6日に出蕾した短日夜冷処理の章姫。花が咲き終わってから、花房ごと除去します。 写真3.6日に出蕾した短日夜冷処理の紅ほっぺ。こちらは、葉が4枚ですが、新葉も大きいので実を成らせます。 写真4、短日夜冷処理のアスカルビーに出蕾。出蕾が早いので、、古い葉を残してあります。一応、葉が5枚あります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA