短日夜冷処理の紅ほっぺに出蕾が見れました!親株の親の鉢あげ。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は28度。最低気温は18度。日の出5時44。日の入り17時21分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 9月21日に定植した短日夜冷処理の紅ほっぺに出蕾が2本見られました。 この株自身は、収穫は無理でしょう。 正直、紅ほっぺは、株を大きくしていたので花芽分化が遅れることを心配していましたが、花芽分化が遅れずに来そうで安心しました。むしろ早すぎるぐらいです。 親株ハウスの「親株の親」を鉢あげしました。「親株の親」は、長いもので8年間当館に貢献してくれています。この「親株の親」は、当館の宝物です。 自社の「親株の親」を持ってから、タンソ病の心配が皆無になりました。 写真1.短日夜冷処理の紅ほっぺに出蕾が見られました。葉も大きくクラウンも太いのですが、定植して15日のため、大きな花(実)は期待できないでしょう。葉も4枚に葉欠きしたので、収穫には少し苦しいです。 写真2.鉢あげした「親株の親」。来年の3月には、親株ハウスに「親株」と一緒に定植します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA