夜冷処理の苗が元気に育っています。まだ花芽分化は起きていません。人体に無害な生物農薬で苗の害虫を駆除。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は34度。最低気温は22度。日の出5時22分。日の入り17時59分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 今朝は、21度と気温が低く、寒さ嫌いの館長は、5時の作業が長そででした。 いつの間にか、夜冷処理の苗が大きくなりました。しかし、まだ花芽分化を顕微鏡で調べたところ、まだ花芽分化は起きていませんでした。 昨年の夜冷処理の花芽分化は、紅ほっぺが14日、章姫が18日でした。 早く定植をしたいのですが、花芽分化が夜冷処理により計画通りに起きる14〜18日頃まで定植できません。 人体に無害な生物農薬で害虫の駆除。生物農薬の粘着くん(でんぷん)でダニを窒息死させて駆除しましたが、まだごく一部残っています。 葉欠きにより、ダニや卵の駆除も進んできたので、ほぼ絶滅に近くなってきています。 10月20日頃までに、ダニを絶滅させ5月の閉園まで無農薬栽培を完成させます。出入り口の防虫ネットン効果で、アブラムシやスリップスや毛虫は、発生していません。 写真1は、元気に育っている夜冷処理の苗。正直、早く定植して、狭いポットから広いベットに移動させて、苗をのびのび生育させてあげたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA