新37度対策で全種類挿し木の苗採りのテスト。親株の消毒。

山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は曇り。 最高気温は34度。最低気温は25度。日の出5時02分。日の入り18時39分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 今年の挿し木の苗採りは、37度対策を目指して行った結果、それなりの効果がありました。 後日、品種ごとの内容についてご報告いたします。 今日は、様々な37度対策の結果、一番効果が期待できる条件で、全種類の挿し木を行いました。 この結果がより、来シーズンの苗採りは、本日の条件で挿し木をしたいと思います。 苗の活着率は、100パーセントを目指して対策、1.遮光条件を出来るだけ明かるくした。2.活着しずらい苗は、除く。(極小苗・曲がり苗・根が黒い・根が発根していない苗・茎の柔らかい若苗)3.一番萎れやすい章姫に照準を合わせる。 親株の消毒。もう親株を残しておく必要は、ほとんどありません。来シーズンの親株を取る分だけ、苗を残しておけばよいのですが、万一苗が病気になったり、仲間に苗が不足した時に、苗が採れるようにしておきます。 写真1は、新37度対策で挿し木テストをしました。萎れやすい章姫が、成功すれば全種類成功するでしょう。写真2は、午後に少し萎れてきた章姫。ここは、萎れるのを我慢して遮光条件を明るくする。 写真3は、午後に萎れた章姫。 写真4は、自宅に戻ると誰かから、すももの「貴陽」が届けられていました。スモモとしては、世界最高の大きさです。 その内、届主から連絡があるでしょう(笑い)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA