37度の猛暑日で、12日13日の挿し木苗の一部が萎れて枯れてしまいました。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は37度。最低気温は25度。日の出4時43分。日の入り19時03分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 今日は、急激にに温度が上がり37度になり、今年最高気温になりました。 挿し木苗の方は、生育過程により暑さの影響の度合いが変わりました。 苗採りの難しさは、活着するまでの14日間の各ステージの遮光と散水管理全てのミスが許されません。 管理も気象により、異なります。 7月9〜11日の章姫は、全体的に根が十分発根していたので、この暑さに耐えられました。 7月12日〜13日章姫と愛ベリー系統は、全体的に根は発根し始めた時なので、この暑さで萎れて枯れたり、腐食が進行して枯れたりするものが多く出ました。 また、発根中のため、遮光や散水回数が、暑さに対して中途半端でした。 7月17日〜18日の章姫は、発根初期のため、暑さ対策が十分だったので、影響が少なく見えます。 しかし、完全に活着するまで、この暑さが影響したかは、判断できません。 パートさん達は、暑さ対策で今日は、事前にお休みにしました。そして、皆さんの猛暑の中の苗採りの労をねぎらうために、お昼にお食事会をしました。 本当に、皆さん苗採り、ご苦労様でした。 男性陣は、この暑さでも明日の準備をしたりして、仕事をしたので、喉が異常に乾き、水・水・水・・・・の連続。 寝るまで、飲料水を飲み続けました! 写真1と2は、ほぼ活着した9〜11日の章姫。発根しているので、暑さの影響はほぼ無し。 写真3と4は、一番暑さに影響した12〜13日の章姫。発根中のため、暑さの影響を一番受けました。明日の朝に元気になっていれば良いのですが、1〜3割はダメージを受けているでしょう。 写真5と6は、17〜18日に挿し木した章姫。発根初期で、遮光や散水回数などの暑さ対策が十分なために、あまり影響は感じられません。最悪は、見えない根の部分で発根が止まったかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA