いちご狩りハウスを人体に安全な生物農薬を散布(10回目)。ガーデンウオッチカムで章姫の出蕾から開花までの連続撮影が完了(第三弾)。

JUGEMテーマ:エンターテイメント山梨県のいちご狩り天気は、曇り。最高気温は11度。最低気温は、7度。日の出6時43分。日の入り16時32分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 イチゴの夜の連続撮影(動画)。(ガーデンウオッチカムで10分に1回の連続撮影)夜中にイチゴの葉や花が動いているのは、神秘的!その目的? こちらからイチゴの葉と花の動画が見れます。 今日も曇りと、暖かい気候の影響でしょうか、秋雨のような天気の連続です。  ガーデンウオッチカムで11月7日から章姫の出蕾から開花までの連続撮影が完了しました。(1時間間隔で昼間のみ撮影)。 1.風がないのに昼も葉や花の茎が動いています。どうも太陽の光を追いかけているようです。 2.すべての花の花弁は、花弁の全開からわずか2日間で散ってしまいます。 今まで、ミツバチさん達が、よく花弁の散った花に訪れていました。花粉が死んだ花に来て、無意味な仕事をすると思っていましたが、まだ受粉に間に合っていたのでしょう。 また、ミツバチさん達は、白い花びらを目指して受粉活動をしていないこともわかりました。 その他、詳細は、当館のこちらの動画を見てください。 人体に安全な生物農薬の散布(9月から10回目)。ボトピカ(うどんこ病の予防)。 アブラムシの発生は、無くなりました。 ダニは、一部の品種の部分的に発生しています。現在、部分的に粘着くんを手で散布(2回目)。卵が死なないので、卵から生まれた子供を殺すために、後2〜3回、粘着くんを手で散布予定。 今年のダニは、化学農薬で死ななくて他の農園では、困っているようです。 最近の病害虫は、化学農薬に抵抗性がでて効き目が少なくなっているようです。 その点、当館は、生物農薬の粘着くん(でんぷん)で、害虫の気門を封鎖して殺すので、抵抗性がないので効き目は抜群です。 粘着くんの手散布は、手間と労力を要すのが、欠点です。 写真1は、ガーデンウオッカムで撮影した章姫。詳細は、こちらから見てください。 写真2は、粘着くんを手散布しています。害虫の気門を確実に封鎖して殺すためには、圧力の強い動噴より、しっとり粘着くんが付着する手散布がより、効果的です。 天気も晴れよりは、ユックリ乾く曇りか雨が効果があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA