イチゴのお歳暮のご注文が増えてきました。いちご狩りハウスを、人体に無害な生物農薬で消毒(9回目)

JUGEMテーマ:エンターテイメント山梨県のいちご狩り天気は、曇り。最高気温は13度。最低気温は、8度。日の出6時37分。日の入り16時32分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 イチゴの夜の連続撮影(動画)。(ガーデンウオッチカムで10分に1回の連続撮影)夜中にイチゴの葉や花が動いているのは、神秘的!その目的? こちらからイチゴの葉と花の動画が見れます。 今日は、日本中1月の気温となり寒い一日でした。いちご狩りハウスもイチゴさん達のために、16度まで暖房を入れました。 少しずつ、お歳暮のご注文が入ってきました。この2年間は、収穫が遅れていたので、お歳暮のご注文をお断りすることが多くありました。最近は、当館へのご注文をあきらめてしまうお客様が多くなりました。 今年は、収穫が早いので、お歳暮を十分にお受けできますので、安心してご注文ください。 人体に無害な生物農薬の散布。(9回目)。ボトピカ(うどんこ病の予防) うどんこ病は、発生していません。 ダニは、特定の品種の特定エリアに発生。 アブラムシは、数か所に発生。 毎年、粘着くんで駆除しきれなかった害虫が10月末から11月上旬に発生します。 今年は、暖かい分遅れて発生してきました。 館長は、イチゴの収穫量より、食の安全と安心に重点を置き、残留農薬ゼロ(無農薬栽培)を実施しています。 害虫が発生するたびに、病害虫の「生命力」と「頑固さ」におびえます。 毎回、化学農薬を使えば病害虫の駆除が楽になるのにと思います。しかし、この9年間の苦労とお客様の安全を考えると、化学農薬を使うことはできません。 今日は、ダニやアブラムシは、生物農薬の粘着くんで駆除しました。1〜2週間は、粘着くんで害虫の大半を駆除します。 1〜2週間後に、駆除しきれない害虫を、天敵を使って駆除します。(ダニの天敵のスパイデックスとアブラムシの天敵のアフィパールを導入する予定。) 写真1は、害虫のダニを生物農薬の粘着くんで駆除しています。動噴より、手散布の方が効果があります。しかし、イチゴの葉裏をの一枚一枚粘着くんを散布するのは、膨大な時間がかかります。 写真2は、アブラムシの天敵のアフィパールの餌を増やしています。今日、アフィバンク(麦にしか生息しないアブラムシが500匹入ってる)を購入しました。 このアブラムシを増やしてから、アブラムシの天敵、アフィパールを購入します(1〜2週間後)。 入っているアブラムシが少ないので、メーカに調べてもらいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA