いちご狩りハウスに人体に安全な生物農薬を散布しました(8回目)。アブラムシの天敵のアフィパールを早く導入できるように、麦を蒔きました。

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は16度。最低気温は、5度。日の出6時28分。日の入り16時35分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 イチゴの夜の連続撮影写真。(ガーデンウオッチカムで10分に1回の連続撮影)夜中にイチゴの葉や花が動いているのは、神秘的!その目的?グルメいちご館前田のTOPページの右側のピックアップ(動画)をクリックすれば見れますよ。 今日から平年並みの気温と思いきや、明日の朝は1度と12月上旬の気温になりそうです。 人間は、カレンダーで月日がわかります。しかし、イチゴさん達は、日照時間や気温で季節を感じます。イチゴさん達は、今何月と思っているのでしょうか? 人体に無害な生物農薬の散布(8回目)ボトピカ(うどんこ病の予防)ダニは、11月8日に放育したスパイカル6000匹に任せています。今年も、アブラムシが天窓から侵入する恐れがあるので、アブラムシの天敵のアフィパールをすばやく導入できるように、麦を蒔きました。 アフィパールを導入する時は、1.麦を蒔き育てます。(2〜3週間必要)2.アフィパールの餌になるアブラムシが入っているアフィバンクを購入(手配から入手まで2週間)3.アファイパールの餌になる麦だけに生育するアブラムシを増殖させます。(2〜3週間)。4.アフィパールを手配して購入。(手配後2週間で入手) つまり、アブラムシが発生してから、天敵のアフィパールを導入するまで、約6〜8週間(42〜56日間)もかかります。 したがって、少しでも早くアブラムシの天敵アフィパールを導入できるように、麦の種をまいておき、何時でもアフィバンクを購入できる体制にしておきます。 写真1は、麦の種を蒔いたプランター。寒くなると麦の芽が出にくくなります。 写真2は、アイベリーの花。少し花托の先端が平らになっています。温度が高いときには、イチゴの先端が平べったくなります。大きな愛べりーが期待できそうです。 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA