6月最後も、猛暑日でした!いちご狩りハウスの猛暑対策実施中。

山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は36度。最低気温は、25度。日の出4時33分。日の入り19時06分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 東電の使用量は、11時〜12時(4388万KW)で87.6パーセントでした。 今日の予測は、4500万kWの89パーセントでしたが、実績は少し下回りました。 最大出力が5010万kWに増えました(スタート時は、4780kW)。7月も、さらに増強されるのでしょうか? 自動車メーカーの一部が、お休みに入ったようですが、使用量はさほど少なくなっていませんでした。明日は、ほとんどの自動車メーカーがお休みで、使用量がもっと下がるのでしょうか? 6月最後の30日も、山梨は36度の猛暑日になりました。6月22日から急激に暑くなり、6月の猛暑日は5日。しかも37度が2日、38度が1日。  来週から苗採りを始めます。猛暑を避けて、苗採りを例年より2週間前倒ししました。 幸い、この猛暑も一休みして涼しくなりそうです。 昨年の苗採りは37度の猛暑で苗が発根しなくて、失敗しました。 昨年は、猛暑の太陽の光を遮断するために、遮光カーテンを何重にもしました。その結果光はさえぎることができましたが、空気の流れがなくなり、温度が上がってしまいました。 今年は、遮光は少なめにして、外気を取り入れて温度を低くするようにします。 写真1は、37度の猛暑でも苗採りが失敗しないようにA棟とB棟の4ブロックの仕切りを廃止します。これにより育苗ハウスの温度を2〜3度下げられます。タンソ病が出ると仕切りがない分、感染しやすいので、タンソ病が出ないように例年以上に注意が必要です。 写真2は、苗採り中は、風により葉の水分が奪われないように、エアビームは、使っていませんでした。 今年は、温度を下げるためにエアビームで空気の流れを作ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA