梅雨入りについて。

山梨県のいちご狩り天気は、曇り。最高気温は20度。最低気温は、15度。日の出4時34分。日の入り18時52分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 5月27日、例年(6月8日)より12日早く梅雨入りしました。 昨年は、例年より6日遅れの6月14日に梅雨入りしました。 つまり、昨年と比べると梅雨入りが18日も異なっています。私達には、何気なく季節の訪れが何日早いとか何日遅いと言っていますが、実は季節の訪れが大きく変化することが、植物にとって大変なことなのです。 私達は、宅急便が1日遅れると怒り、待ち人が待ち合わせの時間に遅れると怒ります。工場も、品物が納期通り来ないと大変です。 梅雨入りが早いと農作物に色々な影響が出ます。さくらんぼうは、雨で玉割れが起きたり(ビニールの天井が有れば、問題ありません)します。何より困るのが、雨でお客様の出足が鈍ることです。葡萄は、ジベレリン処理(種無し葡萄にする)が、雨が降ると効果が無くなりやり直しをしなければなりません。また病気も出やすくなります。 桃は、生育に大きく影響し、最悪は糖度が不足して美味しくない桃になってしまいます。 野菜も生育が遅れたり、病気が出やすいです。 写真1は、ランナーの先端の子苗(三郎)に葉露が出ていました。 写真2は、ノンビリ梅雨を楽しむカルガモの親子。全部で8羽いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA