関東甲信越は、入梅!育苗ハウスと育苗トレイの消毒。腰痛と奮闘中!

山梨県のいちご狩り天気は、曇り。最高気温は20度。最低気温は、15度。日の出4時34分。日の入り18時52分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 関東甲信越は例年より12日早く入梅しました。この入梅で農作物の生育が日照不足で遅れそうです。 万一の計画停電に備えて2週間早く親株を植えていたので、生育が遅れても最低例年並みには苗が生育するので良かったです。 写真1は、育苗ハウスと育苗トレイの消毒を同時にしました。消毒液は「イチバン」で500倍で消毒しました。 育苗ハウスや育苗トレイなどは、万一のタンソ病の発生に備えて消毒しておきます。タンソ病の発生には、十分注意しない手なりません。 館長は、腰痛と戦っています。今までの腰痛と異なり、痛くないときは全く痛く有りません。チョットした弾みで急激に腰が痛くなります。 夜も寝ていて、朝の4時頃には足が痛くて目が覚めて、足を手で揉みながら痛みを和らげます。 寝た状態から起きて歩くと膝に引っ張られるような激痛が走ります。椅子に座って、太ももや膝の周りを揉むと歩けるようになります。 第一段階は、3週間マッサージを毎週2時間しました。 第二段階は、針に毎週通っていました。 ついに痛みに耐えかねて、今日整形外科に行きレントゲン写真を撮影してもらいました。 写真を見た先生は、「背骨や膝が相当使ったので、傷んでいます。今日昨日の症状ではないので、直らないでしょう・・・・・・・」「当面、1週間に1回ぐらい膝に痛み止めの注射をして、痛み止めを飲みながら様子を見ましょう・・・・・・・」「出来るだけ多くマッサージに来てください」 若い事務員がマッサージをしてくれると言うので喜んでいくと、「電気マッサージ」と「ウォーターベットで水流によるマッサージ」でした。 これが意外と腰に痛みをとるのに効いたような気がします。自分の脊髄や膝のレントゲン写真を見ましたが、酷いものでした・・・・。 夕方は、予約しておいた針に行きました。針の先生に「整形外科」に行ったことをお話しました。 針の先生は、針で痛みが取れないことにプライドが傷ついたのか、何時もより長居時間治療をしてくれました(笑い)。 館長の足の坪は、マッサージの指圧で内出血した跡が多数残っています。背中には、お灸の跡、膝の横は痛み止めの注射の跡と「置き針」が2本あります。 これだけ、マッサージの先生や、針の先生、整形の先生が一生懸命取り組んでいるので、明日からは少し楽になることを期待しています。 幸い、土日でユックリ休めるので、休養をとり、苗採りに間に合うように腰痛を治します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA