アイベリーのジャムとあかねっ娘(ももいちご)のジャムを作りました。ミツバチさん達をいちご狩りハウスの外に出しました。

 山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。最高気温は28度。最低気温は、11度。日の出4時37分。日の入り18時47分。  甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 今年最後のジャムつくりをしました。最後のジャム作りは、アイベリーのジャムとあかねっ娘(ももいちご)のジャムでした。 館長は何時も疑問に思うのですが、市販のジャムは「イチゴジャム」と書いてあり、品種が書かれていません。 品種によりイチゴジャムもかなり味や香りが違います。当館のジャムは、業務用ガスコンロで急速に水分を飛ばすので、ジャム特有の粘り・腰があります。更にジャムの色も赤く、香りの良いジャムが出来ます。イチゴ自体が甘いので砂糖を少なくしているので、変な甘さがありません。 イチゴジャムを作った1年目は、クッキーやパンを用意して試食をしてもらってから、買っていただきました。 現在は、ほとんど説明無しでも、お客様がご購入されます。 写真1は、江沢様のブループ。同じ職場のお仲間といちご狩りに来られました。 写真2は、いちご狩りハウスの外に出たミツバチさん達。4月末から急に元気が無くなり、ミツバチさん達の数量が激減しました。原因は不明。最近は、ほとんど巣箱の外に出てこなかったのですが、いちご狩りハウスから外に出すと元気に巣箱から出てきました。元気に復活してくれると良いのですが・・・・・・・。 写真3は、育苗ハウスC棟。草取りと掃除が終わり、消毒の為のトレイを全て並べました。 写真4は、あかねっ娘(ももいちご)のジャムを作りました。あかねっ娘(ももいちご)のジャムは、今日が今年で初めてで最後です。極希少なジャムですので、今シーズン大変お世話になったお客様にサービスでお届けいたします。 あかねっ娘(ももいちご)は、ジューシーで水分が多いのでジャムになるまでの時間が多くかかります。色も赤みが少ないのですが、ジャムには扱くがあります。 写真5は、完成した当館の、色々な品種のジャムです。それぞれ、色の濃さや香り、味の深さ、扱くなどが変わります。この味の違いが分かる人は、繊細な味が分かる美食家でしょう。 館長は愛べりーのジャムとあかねっ娘(ももいちご)のジャムが好きです。紅ほっぺも捨てがたいです。めったに食べれませんが、サラダイチゴのジャムも香りがよいです。お車を利用されないお客様に、便利でお得ないちご狩りコースが出来ました。(期間1月8日〜5月22日)JR東日本主催の”フルーツ王国 山梨 いちご狩り&温泉”の中の”石和温泉コース”をご利用されると、当館のいちご狩りと石和温泉富士野屋夕亭さんでスペシャル昼食”ホロホロ鳥のすき焼きコース”と温泉が楽しめます。 今年はB−1グランプリで優勝した「甲府鳥もつ煮」も食べれますよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA