インド人もビックリ、あかねっ娘(ももいちご)の美味しさ!アスカルビーの親株が2本枯れる。

18日の山梨県のいちご狩り天気。写真1は、藤ノ木様のグループです。会社の旅行みたいですが、お若い人が多いですね。写真2は、寺沢様のご家族です。大きなあかねっ娘(ももいちご)差し上げましたら、非常にお喜びいただけました。これから身延山に行かれるそうです。まだ桜の花が見ごろでしょう。写真3は、インドとマレーシアの皆様です。どちらかで、当館の評判をお聞きなりどうしてもいちご狩りをされたいとのことでした。国際問題にならないように、お受けいたしました(笑い・・)写真4は、(株)ミヨシアグリテックの矢野様です。当館は、ミヨシアグリテックさんから実採り苗の生産委託を受けております。親株の管理のチェックに来られました。矢野様は非常に真面目な方です。全国のイチゴ園を廻っております。写真5は、アスカルビーの枯れそうな親株です(1本目)。写真6は、アスカルビーの枯れそうな親株です(2本目)。80本中2本ですので、アスカルビーの苗採りは、他の無病の親株と別管理しようと思います。昨年までは、病気の親株の品種と無病の親株の品種を同じ管理で苗採りをしていたので、無病の親株の品種まで影響していた可能性があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA