洗わないで食べるいちご狩りは、残留農薬ゼロが安心!残留農薬の検査結果が出ました。

 山梨県のいちご狩り天気は、雨。 最高気温は9度。最低気温は4度。日の出6時47分。日の入り16時33分。 「龍王堂」さんで当館の10周年記念の携帯ストラップの加工が始まりました。「龍王堂 店長ブログ」にその6で掲載されています。完成までの工程に興味があるのと出来上がっていく姿を見るのが楽しみです。 明日からは、いよいよ芸術的な彫刻が始まるでしょうか? 9日に残留農薬(200項目)の検査に出しました。今日その結果が出ました。 分析方法;平成17年1月24日食安発第0124001号「食品に残留する農薬、飼料添加物又は、動物用衣料品の成分である物質の試験方法」による。当館のイチゴからは、残留農薬は検出されませんでした。 3月の親株の定植から今日までの苦労の結果です。しかし、まだこの残留農薬ゼロを維持する為には、5月まで苦労の連続です。妥協しないように、5月まで従業員一丸となって残留農薬ゼロを維持します。今年で、残留農薬の検査も5年目(5回目)になりました。 もう、実績があるので、高いお金を出して残留農薬を検査しなくてもと言う気持ちも有りますが、念には念をいれて残留農薬ゼロを確認しておけば、安心してお客様にイチゴをご提供できます。 館長は、サラリーマン時代の「いちご狩り」好きがこうじて、自分で「夢のいちご園」作りを目指しました。 自分でいちご狩りをしているときは、土で汚れているイチゴや農薬のことは、ほとんどと言って気になりませんでした。 自宅で買ったイチゴは、洗って食べるのに、いちご狩りのときは「洗わないで食べる」と言うことも疑問にも感じませんでした。 脱サラして、自分で化学農薬を使用したイチゴを栽培を始め、「洗わないで食べるお客様(特に小さなお子様・妊婦さん・高齢者)に安全なイチゴ」をご提供する義務を負ったとき、上記の残留農薬のような様々な安全に関する問題を解決しなければならないと痛感しました。 人間は、立場が変わると考え方も変わるものですね! 写真1は、FAXで届いた、残留農薬の検査結果。近々、ホームページに検査結果を掲載します。 写真2は、200項目に残留農薬を「検出せず」と記入されています。何度見ても嬉しい。これまでの苦しいかった10ヶ月の苦労が報われます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA