今シーズンの花芽分化の状況。

 山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。 最高気温は18度。最低気温は4度。日の出6時12分。日の入り16時46分。 昨日と今朝は最低気温4度と、この秋最低の気温でした。朝6時半にいちご狩りハウスに行く途中では、館長の吐き出す息が白くなりました。3ヶ月予報では、11月は暖かくなる予定でしたが・・・・。 今シーズンの花芽分化は、昨年より7〜10日遅れと思っていましたが、昨日の調査でほぼ7日の遅れぐらいでした。 出蕾の時期は、急激に寒くなったのが、9月10日頃の影響でしょう。当館も9月10日から夜令処理を始めましたが、花芽分化の時期は、残念なことに自然の花芽分化の時期と同じになりました。 収穫時期は、これから12月末までの天候によりますがおそらく12月末から1月上旬でしょう。 苗が小さくて花芽分化を迎えたイチゴの株は、12月上旬からの収穫になりそうです。 山梨の一部の地域からは、芯止まり(芽無し)株が多いと聞いています。この夏の猛暑の影響でしょう。 章姫は、昨年より7日遅れで、出蕾は60〜70パーセント。 紅ほっぺやアスカルビーは、昨年並みか昨年よりはやく、出蕾は70〜90パーセント。 あかしゃのみつこやかなみひめアイべりーは、昨年並みで出蕾は、30〜40パーセント。 あかねっ娘(ももいちご)は、昨年より10日ぐらいの出蕾の遅れ出蕾は、5〜10パーセント。 ぽちぽちと、八重のイチゴの花が咲いてきました。ミツバチさんも順調に受粉作業をしているようです。 写真1は、章姫の八重の花。大きな実が収穫できるでしょう。 写真2は、八重以上で9枚の花びらの章姫。 写真3は、紅ほっぺの八重の花。小さい株でしたが、このような八重の花が咲いていました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA