JR東二本様がご視察に来られました。原巨人の三位が決定!生物農薬の散布(二回目)

 山梨県のいちご狩り天気は、晴れ。 最高気温は26度。最低気温は16度。日の出5時47分。日の入り17時19分。 JR東日本様が、ご視察に来られました。お車をご利用されないお客様には、耳寄りな話です。今年も新宿方面から特急に乗り当館でいちご狩りをして、石和温泉でお食事と温泉三昧のコースが出来そうですよ。昨年も沢山のお客様が、ツアーをご利用されました。12月末には決定するので、決まり次第公表いたします。 急遽、センター通路だけ掃き掃除しました。 館長は、サラリーマン時代皆に教えていました。「一流の会社は、お客様が来られる前に、掃除をしなくてもOK」「二流の会社は、お客様が来られる前に、急いで掃除をする」「三流の会社は、お客様が来るのが分かっていても、掃除が出来ない」 生物農薬の散布(一回目)は、10月5日。 生物農薬のボトピカ(うどんこ病の予防;         粘着くん(ダニの駆除) を散布。今年は、ダニがまだアチコチに残っています。うどんこ病は、なし。穴山君が作ったダニマップを元に、ダニの多いところは丁寧に散布する。 生物農薬の散布(二回目) 生物農薬の粘着くん(ダニの駆除)を散布。今年は、ダニが多いので粘着くんを一週間に二回使用しました。これから、ダニの駆除に一ヶ月以上かかるでしょう。 700リッターの粘着くんを6時間かけて、一枚一枚の葉の裏に散布していきます。一回目の散布は、久し振りで腰や腕などアチコチが痛くなり、死ぬ思いでした。 日に当たると粘着くんを散布した葉が日に当たると枯れる(薬害)こともあるので、散布中は遮光をするか、曇りの日にしたほうが良いです。 二回目の今日は、慣れたので少し楽になりました。今年も穴山君に助けてもらい二人で散布します。 写真1は、掃除前のセンター通路。定植中で、まだ通路がココ(ヤシ殻)で汚れています。全員で不要な物をいちご狩りハウスから持ち出し綺麗にする。 写真2は、掃除後のセンター通路。丸太のテーブルも出しました。いちご狩りの雰囲気が出てきました。シーズン中は、この五つのテーブルとソファーが満席になります。写真3は、生物農薬を散布する穴山君。このピストル型スプレーは、重いので、館長と穴山君が一時間交代で散布します。葉の枚数が少ないうちに、ダニを駆除しないと全滅させることが出来ません。葉の少ない来週までが、ダニとの戦いの勝負の分かれ目です。 原巨人の三位が決まりました。今日の最終試合は、今年の巨人の弱点が全て出ました。この敗北は、神様が原巨人に与えた試練でしょう!この屈辱を全員がクライマックスのエネルギーに変えれれば、日本一になれるでしょう。 クライマックスシリーズは、全員野球を見せて欲しい!「頑張れ、原巨人!」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA