アルビオンを求めて”こもろ布引いちご園”さんに出かけました。

 山梨県のいちご狩り天気は雨。 最高気温は20度。最低気温は15度。日の出4時29分。日の入り19時02分。 関東甲信越は、今日から梅雨に入りました。例年より6日遅れ、昨年より11日遅れで梅雨に入りました。 現在、夏イチゴとして注目されている、”アルビオン”と言う品種の調査に長野県の”こもろ布引いちご園”さんに勉強に行きました。 倉本代表理事さんには、半日ご指導いただきありがとうございました。特に、色々なノウハウが沢山詰まっている、夢の植物工場をご案内いただき、感謝しております。 また、勉強に伺いたいと思いました。 写真1は、うわさの”アルビオン”。通年の栽培が可能だそうです。インターネットでは、糖度17と甘い時もあるそうです。今日は、甘いと言うよりは、酸味が少ないと感じました。 写真2の”こもろ布引いちご園”さんは、6月末までいちご狩りを行っています。章姫は、甘くて美味しかったですよ! 写真3は、夢のイチゴの植物工場です。こちらの施設は、総工費2億円だそうです。イチゴの通年栽培を目指し、ほぼ達成できる見通しができたそうです。 色々な品種を栽培されておられますが、”すずあかね”と言うイチゴは、実も大きくイチゴの樹勢も強く多収量が期待できそうでした。果実も硬くしっかりしていました。 兎に角、ハウスは様々な知恵と趣向が施されており、素晴らしい物でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA