来シーズンのいちご狩り用の親株の生育状況

 山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は30度。最低気温は20度。日の出4時29分。日の入り19時02分。 今日も暑い一日でした。親株ハウスは、最高気温32度外気温より2度高めでした。これ以上温度が上がるとお株も元気が無くなります。梅雨明け頃には、天井の遮光カーテンを完全に閉めなければなりません。 予報では、来週の月曜日あたりに入梅するとのことです。昨年は、入梅したとたんに、晴れの日が続きました(笑い)。 今年は、1〜2週間遅れの梅雨となりそうですが、どんな梅雨になるでしょうか? 親株の生育状況;全体的には、気持ち昨年より生育が遅れているような気がします。苗採りまで、残り1ヶ月間の天候により、採れる苗の数量は決まるでしょう。 写真1は、右側が章姫のメリクロン苗の親株。左側は、あかねっ娘(ももいちご)。特に病気はありません。章姫の三郎が来週こそ、床に着きそうです。 写真2は、右側が、かなみひめ。左側があかしゃのみつこ。あかしゃのみつこは、生育が遅れています。昨年より親株の本数を増やしてありますが、少し心配になってきました。 写真3は、右側が紅ほっぺ。左側が、章姫の自家栽培の親株。紅ほっぺの先端の三郎の生育が遅いような気がします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA