苗採りのトレイにココ(ヤシ殻)を入れました。(A棟北とB棟北)

 山梨県のいちご狩り天気は雨。 最高気温は28度。最低気温は17度。日の出4時28分。日の入り19時03分。 今日から、体力を要するココ(ヤシ殻)入れの作業が始まりました。冬の間は、イチゴの収穫と葉欠き作業で、あまり体力を使っていませんでした。これからは、体力が必要な作業が多いので慣れるまで大変です。 チーム前田は、負けず嫌いが多く、すぐに作業スピードの競争になります。今年は、品質重視であまり競争をしないようにしましたが、やはり今年も少し競争になりました。 今日は、仕事をしていても、腕が痛くなったり腰がヨレヨレになったり、皆についていくのに必死でした。 正直、休憩時間までトイレを我慢するぐらい、チームワークが必要な作業です。 夜は、熱いお風呂とマッサージ機で、疲れを取り除きました。 写真1は、40穴(7.5Cmポット)にトレイを入れます。 写真2は、40個のポットがつながっているので、発砲スチロールの治具で、1個ずつに切り離します。お客様が定植しやすくするためです。 写真3は、ブロックに圧縮されたココを水で膨らまし、元に戻します。給水や根の張りや活着がよくなるように、ココを細かく潰して、均一にポットにココを入れます。 ココを均一に潰す作業が腰を曲げたり、力を必要とするので、大変です。写真4は、ココに水を入れて膨らました状態。 写真5は、ココ入れが終わった育苗ハウスのA棟北。 写真6は、ココ入れが終わった、育苗ハウスB棟北。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA