いちご狩りハウスの後発隊の2回目の葉欠き。

高気温23度、最低気温13度日の出5時54分、日の入り17時9分
 当館で栽培している先発隊9種類の内8種類の蕾が確認できました。当館の看板娘のあかねっ娘(ももいちご)がまだ出蕾がありません。
 館長の予定は10月22日に蕾が見える予定です。しかしそれまで、蕾が出てくるか心配なので、ついに葉をめくりながら成長点近くの蕾を実態顕微鏡で探すこととしました。
 有りました、新芽のすぐ横に小さな蕾が確認できたので、新芽が出た後の一週間後に蕾が出るでしょう。 全ての品種の蕾が館長の予定より少し早めに出てきそうです。
 写真1は、昨日蕾だった紅ほっぺの花が咲きました。花びらが5枚ですので、小さな実しかならないでしょう。
 写真2は、葉欠き前の後発隊の章姫。
 写真3は、葉欠き後の後発隊の章姫。もう後発隊の中の一部が蕾を出し始めています。従ってあまり葉欠きを強く出来ません。
 写真4は、あかねっ娘(ももいちご)。地上部は15Cmとあいかわらず、他の品種に比べて背丈が低いです。地下部は25Cmと現在真っ白な直根がいきよいよく伸びています。あかねっ娘(ももいちご)の地下部は、他の品種以上に根量が多いです。
 写真5は、花芽を調査しました。小さな新芽の跡に拡大鏡で蕾が見えました。実態顕微鏡を用意するまでもありませんでしたね。
 これで、全ての品種が館長の予定より少し早めに蕾が出てくることが分かりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA