章姫の不良の調査(タンソ病の発生防止)。

最高気温度30度、最低気温22度日の出4時50分、日の入り18時54分。
 今日もベットの培地(ヤシ殻)の天地返しを頑張りました。もうクタクタです。今夜も早く寝ます。
 女性陣は章姫の活着しなかった不良苗の除去と調査をしました。不良苗
を早く除去しないと、タンソ病が発生しやすいので要注意です。 今年は最高気温が例年より低いので活着もよさそうです。今夏の不良は主に極小苗が多いです。極小苗はもともと、活着すれば儲けものという苗です。現在の章姫の不良率は約1.2パーセントです。
 これから遮光カーテンを取り除くともっと沢山不良が出てきます。5パセント以内に納まれば最高です。
章姫の苗を譲って欲しいと言う方がご来館されました。昨年は長野県の苗で苦労されたそうです。条件が折り合えば、お譲りしたいと思います。
 写真1は、苗採りの一番最後の日、21日のあかしゃのみつこです。写真のように古い葉が最初からあるものは根が出てくるまでに、腐ってしまうことが多いです。よい根が2本出ているのですが、腐りが根元のクラウンまでとどいています。残念な苗です。
 苗不足が心配されたあかしゃのみつこも何とか確保できそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA