今日は、猛暑日で甲府の最高気温は、37度と日本一になりました。

最高気温度37度、最低気温24度日の出4時39分、日の入り19時03分。
 昨日から朝にかけて対策をしたのに、午後からイチゴの苗の元気がなくなりました。夜のテレビを見ると、なんと今日の最高気温は37度でした(昨日の館長の体温と同じ;笑い)。
 何でも日本一は気持ちが良いものです。
 それでも、何とかイチゴさん達はこの暑さを乗り切ってくれそうです。
 しかし自然の力は強烈ですね、これでもかと言うほど弱点を攻めてきます。この37度の高温で、またまた、育苗ハウスの弱点が暴露されました。来年の加害となりそうです。
 苗採り時の育苗ハウスの遮光対策は、女性が日除けクリームを塗るのと同じです。どちらも、対策を怠るとボロボロになりますよね!
 写真1は、A棟南の苗採りが終わった章姫の苗。
 写真2は、ほぼ元気を取り戻した章姫の小苗。一回萎れた若苗が元気に復活したのは、8年間で初めてです。
 よほど効果的な遮光になったかマイクロバブの効果かもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA