いちご狩りハウスを真夏日が襲う!親株の消毒。

最高気温度33度、最低気温12度日の出4時37分、日の入り18時48分。
 一昨日に続き今日もいちご狩りハウスは33度と言う真夏日に教われました。7月上旬並の暑さは、今年一番の暑さでした。
 イチゴの実が吊るさったまま、イチゴジャムになるのではないかと心配するほど暑く感じた。
 この暑さの中で通常の甘さを確保できるか心配である。館長の対策の効果が出ることを祈っています。
 親株を消毒しました。今回はアブラムシの駆除が目的でした。いちご狩りハウスと違い、親株のハウスはアブラムシに対してノーガードなので、チョット気を抜いたら、アブラムシが大量発生してしまった。
 反省しきりである!
 写真1は、章姫。章姫そのものの株も大きくなってきました。全体的にランナーが出てきました。
 写真2の左側は、紅ほっぺ。他の品種に比べると順調にランナーが出ています。株も大きくなっています。
 写真3の右側は、あかねっ娘(ももいちご)。株がようやく大きくなって来ました。ランアーもバラツキがあるが、全体的に出てきました。
 あかしゃのみつこは、ほとんどランナーが出ていないので苗採りに間に合うか心配。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA