親株も順調に生育しています。親株に生物農薬を散布。

最高気温度27度、最低気温13度日の出5時15分、日の入り18時19分。
 
大変申し訳ありませんが、4月30日までは、ご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。
 親株に生物農薬の散布。粘着くんとボトピカの散布。
今年は購入した親株に、ダニがいたので、毎週粘着くんを散布して、親株からダニを駆除する。
 そろそろ、10日間に1回としたい。
 写真1は、元気に葉露を出している章姫。今朝までの雨で、イチゴの新葉から葉露が沢山出ていました。葉露が沢山出るのは、元気な証拠です。
 写真2は、昨年の4月17日の親株の写真。
 写真3は、今年の親株の写真。2〜3週間前は寒かったので、イチゴの親株の生育が遅れているようです。
 また、夏は非常に暑くなりそうですので、タンソ病が多発しそうです。
 そのためにも、元気な親株を育ててから子供を採るランナーを出します。親株が小さいとランナーの出も悪く、病気になりやすいですよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA