秋田名物のハタハタが届きました〜!

最高気温15度、最低気温1度
 秋田県の友人から、秋田名物ハタハタが届きました。聞くところによるとハタハタは、1日に解禁になったそうです。今年は今のところ豊漁らしいですよ。
 館長は大の魚好きです。しかしこのハタハタは、めったに食べれるところがありません。ましてや、山梨では入手困難です。
 クロネコ大和さんの手違いで3日着が4日着となってしまいました。原因は調査中です。やはり生ものは1日の遅れは致命傷です。昨日はハタハタの到着を今か今かと待っていました。結局届かず・・・・・・。
 当館のイチゴもお届けするのが遅れると大変です。
 写真1は、到着したハタハタを社長の英子がさばきました。頭の近くにトゲがあると騒いでいました。とても大きな雌で卵がいっぱいのハタハタです。こんな大きなハタハタは初めてみました。
 写真2は、塩焼きにしたハタハタ。お腹の卵が本当に美味しそうです。脂が乗っていて、身もプリプリして美味しい。卵は噛むたびにピチピチと口の中で踊っています。
 写真3は、ハタハタの鍋料理。湯煙の鍋の中はヌルヌルのコラーゲン?卵の周りも納豆のように糸を引きます。こんなハタハタを食べたことが無い。
 お礼の電話をすると、新鮮なハタハタは納豆のように糸を引くそうです。館長が今まで食べていたハタハタは古いものだった?知らなかった!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA