原巨人クライマックスシリーズ制覇!いちご狩りハウスのサイドカーテンを閉める。

最高気温22度、最低気温17度
 全ての品種に花芽分化が確認されたのと、最低気温が10度を下回りそうなのでサイドカーテンを閉めました。
 これからは、天井の開け閉めで最低気温の調節をします。注意しなければならないのは、イチゴは、年内に1〜3番花まで花芽分化します。従って、1番花の花芽分化が確認できても、2〜3番花の花芽分化ができるまで急いで夜温を上げないようにします。11月中旬まで夜温を5度〜10度に保ちます。
さらに、最低気温が下がればいちご狩りハウスの中の保温カーテンを降ろします。
 写真1は、防虫ネット(0.2〜0.4mmの網目)をかいして外気を入れています。
 写真2は、防虫ネットの外側のビニールカーテンを閉めて、外気を遮断していちご狩りハウス内を保温します。これで、完全に害虫が侵入できなくなりました。
 原巨人、昨年のリベンジが出来ました。今年の巨人の強さは、選手層が厚くなったことでしょう。怪我人が出ても代役が活躍しています。
監督の采配には、若干疑問を感じますが、選手のレベルアップで結果オ〜ライ!
 日本シリーズは、セパとも覇者の戦いになりました。日本一を目指し、頑張れ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA