いちご狩りハウスに害虫バスターズ参上!(3日のブログ)

最高気温25度、最低気温15度
 今年も害虫駆除をするのに、粘着くんを手散布します。動噴で散布しても粘着くんが付着しない葉が出たり、粘着くんが薄くしか付着しません。
 そこで、一昨年から満遍なく粘着くんが付着するように手散布を導入しました。動噴で散布すると約6〜8時間かかりますが、手散布ですと約120〜180時間かかります。
 害虫を完全に駆除するにはこの方法しかありません。昨年のように定植からいちご狩り閉園まで化学農薬を使用しないようにするためには、この粘着くんの手散布が必要です。
 写真1は、二万株のイチゴ。約2万株のイチゴには、10万枚の葉があります。この一枚一枚に丁寧に粘着くんを手散布します。一人ではとても出来ません、6人いるから出きるのでしょう。
 写真2は、粘着くんを手で散布している写真。散布器は約4Lのタンクがあり300本粘着くんを散布するのに約8L使用します(粘着くんの原液は80CC必要)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA