いちご狩りの開園

今年は、想定外の寒さが長く継続した為、イチゴの生育が大幅に遅れて
いちご狩りの開園としては、寂しい人数でした。今年は、夜令処理(早だし)が約3割にした。来シーズンは、7割にして12月からガンガン収穫できるように改善しなければ、お客様に申し訳ないと思います。福井県や石川県は、この異常な降雪で宅急便が遅れている。愛知県、新潟、山形も同じ状況です。今日も山形県や愛知県の送りがあり、25日に届くか心配だ。その中で、毎年十数回ご来館される斎藤様のグループが来られました。いちご狩りと言うよりは、今年のいちごを試食していただいたり、新品種のご評価を頂く会となりました。小淵沢から来られたご家族には、”白州いちご館ハラ”を紹介しました。宜しくお願いします!(お名前をお聞きしなかったので失礼!)レッドパールの評価が良かったので、もしかするとアスカルビーより人気が出るかもしれない。斎藤様のグループは、15日に約100名ご来館されるので、その時の収穫状況をご説明した。車の愛好者のグループです。関東、遠くは岐阜からもご来館されるらしい。
アスカルビーや普通処理のさちのかが間に合うと良いのですが・・・・
当館は、10種類を栽培しているので、どれかいい状態になっているので、ご安心してご来館してください。
鹿児島の藤井さんの義父藤岡様より、石垣鯛が航空便で送られてきた。私が、鹿児島に単身赴任していたときの、大好物です。関東では、めったに食べれない魚である。刺身よし、塩焼きよしの白身の魚で、アラのお吸い物も最高!特筆は、この皮をさっとゆでてポン酢で食べると美味しい。これを食べてスタミナをつけるぞ!藤岡様有難う!!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

愛べりーの初なり

次の記事

休憩所の説明