「霧の池内」様のミスト設置でイチゴのハウスの温度を下げます。

 今日から本格的に夏になりそうです。
今日の最高気温は、33.6度でした。
館長は、前から温暖化対策としてハウスの温度を下げるミストと炭酸ガスの有効活用の株元散布
を考えていました。
館長の余命もだんだん短くなってきたので、今年思い切って下記2項目を実施することにした。
1.3000?のハウスに「霧の池内」様のミストの設置。
池内様には、色々無理を言って当館オリジナル仕様にしていただきました。感謝しております。
2.炭酸ガスの株元噴霧。
お客様に喜んでいただけるために、約7百万ぐらいの投資で、今年も赤字覚悟です。
品質は向上するのですが、投資のわりに収量が増えないので、この両方を実施しているところはありません。
しかし、この設備2つが入れば、
1.お客様が4月・5月涼しくいちご狩りが出来ます。
2.4月・5月のイチゴの過熟も防止でき、品質も向上ます。
3.イチゴの糖度は今まで以上に高くなります。
4.夏場の従業員の暑さ対策。
今シーズンのイチゴの出来栄えが、今から楽しみです。
写真1.ミストのノズル。
このミストのノズルが高価です。全部で200個近く使用します。
写真2.当館仕様で、2.5mに1セット付きます。
一般仕様は2m間隔でしたが、当館のハウスに合わせて2.5m間隔にしました。
写真3.ハウスの天井にミストのノズルが付きます。
床から高さ2.5mにノズルが付き、ベット高さからは、1〜1.2m離れています。
もう少し高さが欲しいのですが、保温カーテンや遮光カーテンの関係で
この高さになりました。
イチゴの葉がミストで濡れないようミストが早く乾燥・蒸発しなければなりません。
写真4.水をミストにする高圧機械(大きな動噴みたいなものです)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA