シャインマスカットを鉢替えしました。これが最終の位置です。

 今日から梅雨の中休みでしょうか、蒸し暑い日が続きそうです。
現在遮光をしてありますが、ハウスの中は、11時半で34度です。
今年購入したスポットクーラーで何とかハウスの中で、データの整理やブログを書いています。
明日からの苗取を前に、多目的ハウスの中に入る果物がほぼ入りました。
残りは、当館のお客様のお気に入りで、入手困難な沖縄の島バナナとアセロラです。
写真1.自宅で管理しきれなくなったバナナを引き取りました。
バナナは、最低気温を5~10度以上に保たないと生育が止まるので、暖房の無いハウスでは無理です。
2〜3年経過しているそうです。品種は不明?
 シャインマスカットの苗木を新しい鉢に植え替えました。
鉢の容積は171Lで今までの鉢とは比べ物にならないほど大きいです。
館長の住んでいる地域は、水位か高く果物の栽培には適していません。
最近の果物栽培は、色々の理由で鉢で栽培されることも多いです。
考えられる推定理由は、
1.栽培作物の適正に合わせて培地の質を変えられつ。
2.肥料の量を簡単にコントロールでき、効率的にたくさん与えられる。
何かの本で読んだのですが、鉢を20Cmぐらい埋めると作物に良いと書いてありました。
いずれにしても、これからハウス栽培や鉢植え栽培や様々な植物の特性を勉強しなければなりません。
写真2.館長の推測で鉢の底に小さな穴を開けておき、根が伸びてきたときに鉢の外に地下に
根が張れるようにしました。
真ん中にはシャインマスカットが倒れないように頑丈な柱を立てました。
写真3.鉢替えが終わったシャインマスカット。
右の小さな鉢(10L)から黒の大きな鉢(171L)に植え替えました。
鉢は、20Cmぐらい埋めました。
何せ、将来的にはシャインマスカットは、60房ぐらい収穫します。
従って、大きな鉢にしました。
これで棚にしてあるワイヤーに弦を伸ばせます。
これでシャインマスカットを固定したので、安心してシャインマスカットの弦をどんどん伸ばせます。
シャインマスカットは、6M*6Mの広さで栽培管理します。弦は、H型に伸ばします。
仲間のブドウの先生に指導を仰ぎながら栽培します。
来年は、1〜3房収穫できるかもしれません。
写真5.今年購入したスポットクーラー。
ヤマダ電機などでは販売していないので、ネットで購入しました。
8万円ですが、取り付け工事や廃液処理などが不要のので、使いやすいです。
水なども入れなくてOK!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA