面白い花を見つけた〜。

従業員の横打さんが、珍しい花を見つけたど〜。花びらの中に葉が出ています。いつもは、黄色の雄しべと雌しべがあります。この写真の花は白い花びらの中に葉があります。さちのかは、肥料が強くいちごの樹勢が元気すぎると、時々このような花(?)が咲きます。さちのかは、他の品種より肥料を多く要求します。また肥料濃度を高くすると甘さもまします。しかしあまり肥料濃度が高すぎると、連結多芽となり脇芽だらけになります。さらに奇形の双子の花が咲きます。毎年肥料濃度の調整が難しい品種です。今年も少し肥料濃度が高すぎたかもしれません。
1月末のさちのかは、大きな奇形のいちごが実るでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

愛べりーの初なり