東海じゃらんの撮影!

写真は、真ん中が勿論いちご姫さん、右側が杉山様、左側が私館長です。今日は、東海じゃらんの撮影があった。今までの雑誌やテレビの撮影と異なり、いちご狩りのストーリーを漫画的に12コマぐらいにまとめるらしい。そのため撮影のポーズが増える。私と社長(妻の英子)も何回もポーズをとり撮影してもらう。今までテレビや雑誌は、館長の私だけ出ていたので英子も少し不満を持っていたみたいだ。今回は、英子も撮影に参加。ブツブツ言いながらも、満足そうである。(実際は、私や英子は、いちご姫さんの脇役であり、いちご姫の華やかさを引き立てる存在であることも知らず。ま〜雑誌が完成すれば気がつくと思が・・・・・)
今回は、いちご姫と会話をするイメージで写真をとったので、いちご姫さんとまともに目が合い少々恥ずかしかった。この年で、若い女性とまともに目を合わせるチャンスなどそうない・・・・・?
いちご姫さんは、当館のいちごを8種類食べて、品種ごとの感想をじゃらんのスタッフに説明していた。8種類のいちごの味を説明するのに困っていました。いちごの美味しさをこと細かに説明するのは、難しい。当館のいちごは、全て甘くて美味しいのでさぞ困ったでしょう!
さらに嬉しい事に、当館の説明看板を毎年寄贈していただいてる、杉山様が来られた。23日のいちご狩りのオープンに間に合わせる為、わざわざ神奈川県から届けてくれました。ほんとうに、誠実な性格の杉山様である。撮影が忙しく、ほとんどあ話が出来なくて大変申し訳ありませんでした。今回は、各列のいちごの品種が分かるように、品種カードを作っていただきました。来年は、イチゴアイスやいちごのジェラートの説明プレートを作っていただきます。いちごのご注文が多く、いちご姫さんやじゃらんのスタッフの皆さんに、お土産をあげられなくて、大変申し訳ありませんでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA