イチゴの実の種から芽(葉)が出てきました。異常気象の前触れでしょうか?

大変申し訳ありませんが、
1月27日から2月18日までの全てのお時間が、
ご予約の定員に達しておりますので、
ご予約をお受けできません。
 27日と28日の追加ご予約を受けします。
 昨晩の積雪で高速道路がマヒして、今日は東京方面からのお客様はゼロでした。
雪を解かすのに余分にA重油を使ったり、キャンセル続出で頭が痛いです。
明日から、大寒波の到来!館長はイチゴ栽培を始めて20年間、経験のない低さの温度です。
明日からのマイナス10度対策で、ミツバチの代わりに日本マルハナバチを入れました。
最近のミツバチは、寒さに弱く数量が減ったり巣箱の外に出て来なくなります。
仕方がなく、マルハナバチを1箱入れました。
ミツバチさん達は、3月には元気を取り戻しで復活して欲しいものです。
今日収穫していたら、イチゴの実の種から芽(葉)が出ていました。
何年かに1回ぐらいの割合で、5月頃に苺の実の種から花が咲いているのを見ます。
この時期に芽が出るのは、異常気象の影響かもしれないと館長は、推測しています。
あかねっ娘(ももいちご)は、3年前ように一部花芽が止まっています。
2月から3月にかけて、イチゴの収穫量にも影響が出てくるかもしれません。
ハウスの外にある水洗トイレは、マイナス10度で凍らないように、栓の間に細い紐を入れて
水漏れを起こさせて、チョロチョロ水が流れることにより凍結を防止します。
しかし、屋外なのでマイナス10度だと、凍ってしまうかもしれません。
写真1.異常気象でいちごの実の種から芽(葉)が出てきました。
写真2.今日から大寒波に備えてマルハナバチを入れました。
明日から、外で活躍してもらいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA