今年も当館のイチゴが残留農薬ゼロ(無農薬)という検査結果が出ました。

いちご狩りは、12月10日から開園いたします。
12月16日まで、ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。
やはり、9月や最近の天候の影響でイチゴの収穫時期が遅れております。
毎年、当館のいちごは、残留農薬を検査して安全で安心できるイチゴあることを確認しています。
今年も、12年連続で残留農薬がないことがつくばの検査機関の検査で分かりました。
後日ホームページ掲載します。
地球温暖化も当初は、あまり影響がないと思われていましたが、今や誰もが異常気象の恐ろしさを
認識しております。手遅れと言ってもよいでしょう。
化学農薬の人体への影響も無視されていますが、今生きている私たちに影響が少なくても、孫やひ孫に
化学農薬の害の影響が出ないと誰が言えるでしょうか?
早く取り返しのつかない状態にならないうちに、無農薬栽培が拡大されることを館長は願っています。
この結果、当館のイチゴは日本一安全なイチゴであることが証明されました。
これから5月までの半年間農薬を散布しないで栽培しなければならない。 頑張ります・・・・・・・。
検査機関から届いた検査結果。
「農薬が検出せず」の言葉が重も重もしい!。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA