待ちに待った、イチゴの花の蕾が出始めました!

 今日は1日中曇りの予報でしたが、運よく一日中快晴でした。
しかし、外気温は31度。イチゴ狩りハウスの中の温度は、38度と猛烈に暑かった!
顔から滴る汗!天井の遮光カーテンを閉めたい。
しかし、めったにない太陽の光をイチゴさんたちに目いっぱい浴びてもらい、
花芽の促進を図って欲しい一心遮光をせず、38度の暑さに耐えイチゴさんたちの葉欠きをしました。
前立腺の治療中にもかかわらず、沢山の水を飲んでも、水分が汗になり一時的に頻尿が治まりました。
 短日夜冷処理の章姫に蕾が少しづつ見え始めました。
計画では、10月15日から20日に出来予定です。
少し計画より早いような気がします。気のせいでしょうか・・・・・。
 短日夜冷処理の紅ほっぺも5〜10蕾ほど見え始めました。
 短日夜冷処理の苗の蕾が少しづつ見え始めました。
蕾が見え始めるまでは、「短日夜冷処理」が上手に出来たか、毎年心配になります。
これから、10月15日から25日頃まで苗の蕾の出方が毎日機になります。
 暖かかった9月、最低気温が20度を下回る予報が全てはずれ暖かい朝の連続でした。
予報では、10月7日から15度、14度13度と10月らしい気温になりそうです。
満を持して、3日の月曜日から半短日夜冷処理の苗の定植を開始します。
 友人から松茸が届きました。
今年は、雨が多く暖かいので松茸の出が遅れているそうです。
今朝も沢山の葉露が出ていました、
久しぶりの太陽の光で、イチゴの葉につやが出てきました。
葉欠き前の紅ほっぺ。
葉欠き後の紅ほっぺ。
葉欠き後の順路2のかおり野やアスカルビーやホワイトレディー。
葉欠きが終わった順路1の章姫。
葉欠き後の順路2のかおり野や紅ほっぺやアスカルビーやホワイトレディー。
葉欠き前の紅ほっぺ。細いランナーがたくさん見えます。
ランナーの出は、出蕾の前兆です。
葉欠き後の紅ほっぺ。過去最高の出来栄えの苗です。
章姫に出蕾が見えました。一枚の葉が出てくるのは蕾の合図です。
友人から届いた、松茸。まだ高いのに感謝!感謝!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA