イチゴ狩りハウスのベットの培地(ヤシ殻)の入れ替え作業をしています。

 今日も非常に暑くなりました。
温暖化対策(外気温35度以上)、すなわち親株管理と苗取り対策をしておかないと、
病気になったり、苗が不足したりするでしょう。
苗取りの準備をしながら、イチゴ狩りハウスのベットの培地を交換しています。
今シーズンは、60ベット中12本のベットの培地を完全に新しい培地に交換します。
毎年のことですが、全て手作業なので重労働です。
今年は、思い切り高くココを盛り上げました。
これで、来年の豊作は間違いなし(笑い)。
写真1.ベットを空にしてから、水を入れてココブロックを膨らまします。
約3倍ぐらいに膨らまします。
写真2.膨らんだココブロック(ヤシ殻)。
写真3.皆でココブロックを細かくつぶします。
写真4.ココブロックを盛り上げます。盛り上げ方が少ないと、イチゴの枝が
折れてしまい、イチゴの味がまずくなります。
写真5.盛り上げて間が空いたところに、別のココ(ヤシ殻)を持ってきて
埋めます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA