来シーズンのいちご狩り用の苗取りの準備開始。ポットに土(ヤシ殻)入れ。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 さ〜、来シーズンのいちご狩り用の苗取りの準備開始。
来シーズンのいちご狩りは、過去最高の準備と最高の技術で最高のイチゴを
お客様にご提供する予定です。
 まずは、最高のレベルの苗を確保します。
イチゴの場合は、苗の出き映えで収穫量の出来栄えが6〜7割決まります。
異常気象の時は、8〜9割が苗の出来栄えで決まります。
今年は、異常気象で収穫量が影響しない苗を作ります。
 今週は、苗のポットに土(ヤシ殻)を入れる作業です。
一番大事なのは、ポットに入れて土(ヤシ殻)の硬さです。
出来るだけ硬くします。
軟らかいと、ポット受けした苗や挿し木した苗が、倒れてしまい苗の活着率が低下したり、
軟弱苗になり、病気の原因になります。
また、土の量が少ないと、すぐにポットが乾き苗が弱ったり病気になったりします。
暑い中、5万鉢のポットに土(ヤシ殻)を入れるので、ついつい疲れて軟らかい
土になってしまいます。
今年は、少し早めに作業を開始して、焦らずに休み時間を取りながらポットに土を入れて
確実に硬い土にします。
時間に追われると、いつの間にか手抜きをしてしまいます。
今日は、前段取りでトレイにカラーのポットを入れます。
さらに、ポットに詰める土(ヤシ殻)を90トレイ分先につぶして作っておきます。
写真1.ポットの色を変えて、苗取りをした品種が混ざらないようにします。
白は、あかねっ娘(ももいちご)・赤はアイベリー・ブルーは、ホワイトレディー・
紫は紅ほっぺ・ピンクは章姫。
写真2.真ん中でポットに土(ヤシ殻)を詰めます。
横にココブロックを水で溶かし、細かく土をつぶします。
朝一番の作業で、焦らなくてよいように前日に土(ヤシ殻)を細かくつぶしておきます。
写真3.細かくつぶした土(ヤシ殻)を入れた桶。
1杯の桶から10枚のトレイ(240本分)が作れます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA