「ホワイトベリー」の挿し木が完了。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 暑さと涼しさが交互に来るので、体が受け入れられません。
昨年も台風が早く来ましたが、今年も例年より早く台風が来そうです。
しかし、今年は全てのハウスが再建されたので、台風で飛ばされる
心配は、ありません。
 苗採りは、「ホワイトベリー」を開始しました。
ランナーの出が少ないので、苗の本数が不足しそうです。
 庭では、英子社長が大切にしている真っ赤な百合の花が咲きました。
パイナップルの花も大きくなってきました。
まだ、蕾は確認できません。
 昨年の雪害から1年半が過ぎました。
その間、苦しみと悲しみや悔しさのためか、何を食べても美味しく感じない。
美しい物を見ても感動しませんでした。
いちご狩りが終わった6月から、緊張感から解放されようやく、
美味しい物は美味しい!美しい物は美しい!と感じるようになりました。
不思議ですね。
写真1.ハウスの再建が間に合わないので、親株を植えてあるいちご狩りハウスと
育苗ハウスを軽トラで様々なものを運搬します。
1個10Kgぐらいの重さの苗を受けるトレイを軽トラで運んでいます。
写真2.挿し木した「ホワイトベリー」。苗が少ないので、トレイを敷いて
沢山苗が採れるようにしました。
写真3.庭に咲いた真っ赤な百合の花。
梅雨の中、生き生きしています。
昨年は、咲いたことさえ覚えていませんでした。
写真4.ようやくパイナップルの原型が見えてきました。
はやく、蕾が見たいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA