いちご狩りハウスの中を元気に日本マルハナバチが飛んでいます。再建中の親株と育苗ハウスの外装が完成。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 いちご狩りハウスの外は、今年初めて30度を越しました。
ハウスの中で元気なのは、日本マルハナバチだけです。
 再建中の親株と育苗ハウスの外装が、完成しました。
今後は、ハウスの中の設備と配管や配線作業です。
写真1.暑いハウスの中を元気に飛び回る日本マルハナバチ。
写真2.外観が完成した親株ハウスと育苗ハウス。
写真3.制御盤関係も倒壊したハウスから持ち込みました。
制御盤を取り付ける板まで古いものを使いました。
写真4.ハウス屋さんや配管屋さんや電気屋さんが館長の計画を
理解できるように、館長が書いた図面を貼りました。
もう少し前に貼っておけば、間違いも起きなかったでしょう。
館長のミスでした。
写真5.C棟の東側の天井遮光カーテンや棚が完成。
写真6.C棟西側の配線工事も進んでいます。
写真7.B棟西の内装と棚が完成。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA