今日は、タイからのツアーの皆さんがいちご狩りに来られました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 今日はタイから団体のお客様がご来館されました。
今年は、当館を含めタイからのお客様が急増いたしました。
中国や韓国の皆さんに比べて、タイの皆さんは比較的物静かで
おとなしいです。
 
 雪害からのハウスの再建は、嬉ことに予定より早く進んでいます。
原因は、ハウス業者が、沢山の人員を当館のハウスの再建に
投入してくれているからです。
ハウスの作業の前段取りが進んでいたので、今日は形として様々な
工程が完了しました。
 今週は、内部の細かい作業が多いので館長も付きっ切りで、
要望や指示を出します。
 今週からハウス屋さん、電気屋さんに加えて、井戸屋さんや配管屋さんが
入ります。館長は、再建の費用を安くするためにそれぞれ、別々に手配しました。
このため、各業者の調整は館長がしなければなりません。
他のいちご園のように、ハウス屋さんに全てを任せると楽なのですが・・・・。
ハウス内の図面は一切なく、唯一館長が書いた計画図面だけです。
館長の図面は、細部において不明なところが多いので、
出来上がるまで、指示や要望を出さねばなりません。
使える古い部品は、館長が解体時に残していました。
写真1.最近の海外からのツアーのバスは、年々良くなっていきます。
このバスは、非常に屋根が高いです。
写真2.説明も聞かずに一直線にいちご狩りを開始。
これは、何処の国も同じです(笑い)。
写真3.黒の遮光カーテンを取り付け。
当館は60〜70パーセントの遮光率を採用しています。
写真4.配管作業のスタートは、スプリンクラーの配管です。
写真5.井戸にポンプが付きました。
写真6.遮光カーテンを駆動させるワイヤーを取り付け。
写真7.今晩の雨に備えて、1棟のみ外装のビニールを張りました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA