4月25日と26日のイチゴは、日照不足で過去最低の出来栄えになりそうです。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
大変申し訳ありませんが、4月30日までご予約の定員に達しましたので、
4月30日まで、ご予約をお受けできません。
 5月1日から5月6日までのご予約は、4月29日からお受けいたします。
 今日もテレ朝で、天候不順と農作物の不作について報道されていました。
観測を開始した1961年の中で今年の4月は、過去最高の日照不足だそうです。
 館長は、2月末から今年のイチゴの不作に気が付き、
何とかお客様にご迷惑をお掛けしないように、様々な対策を施してきました。
この2カ月、館長はご予約を頂いたお客様の事を考えて、胃が痛くなる思いでした。
一番大きな対策は、4月中旬にイチゴの生育遅れを取り戻すべく
3月16日から4月5日まで一時休園しました。
本来なら、対策の効果が出てくる頃ですが、この2〜3週間の雨や曇りによる
日照不足と低温で、回復が遅れてしまいました。
二番目の対策として、約40日まえの3月16日から4月25日と26日の
ご予約を例年の3分の一に減らしました。
しかしながら、25日と26日のイチゴの収穫量は、
館長の予測を越えて3分の一以下になりそうです。
メールでご予約をされたお客様には、13日にいちご狩りが出来ない可能性が
出てきたことを正直にご連絡いたしました。
ご理解いただき、ご返事を頂いたお客様もありますが、まだご返事が無い
お客様もおられます。
天候の影響と言え、ご予約いただいたお客様にご迷惑をお掛けしたことを
深くお詫び申し上げます。
4月25日と26日のイチゴの収穫量について。
最悪の事態は、避けられそうです。
1.章姫の出来栄えが良くありません。過去にないほど小粒です。
2.高級品種の順路2は、例年並みです。量的には、例年以上です。
3.結論は、食べられる数は例年と同じぐらいですが、小粒のため
満腹感はなかなか得られないかもしれません。
甘さは、おそらく明日からの晴天で確保できるでしょう。
25日〜27日の客様へのお願い。
1.量(満腹感)をお求めになるお客さんは、申し訳ありませんが我慢していただくか、
キャンセルをお願いします。
2.量が少なくても、多品種のいちご狩りを楽しまれるお客様は、ご来館ください。
3.可能性は少ないですが、館長の予測より極端に収穫量が減った時は、
当日ご相談をさせてください。
写真1.回復が早い章姫のエリア。小粒です。
東と西側で収穫量が違います。日照の差です。
写真2.回復が遅い章姫のエリア。
写真3.先週の章姫のエリア。ここまでは回復しないでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA