いちご狩りハウスのに再建祝いのシンビジューム「苺の雫」が届きました。ミツバチさん達が受粉活動を開始。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
3月上旬の雪害の状況
 10月に購入したミツバチさん達3箱は、1カ月もたたないうちに死んでしまいました。
原因がミツバチ屋さんにあるか、当館にあるかを確認するために、別のミツバチ屋さんから
追加で2箱購入しました。
今シーズン、トータルで5箱目になります。
ミツバチさん達対して、当館の環境は、農薬を使用していないなど最高の環境です。
死滅する原因などあるはずがありません。
2か月ミツバチさん達が生きていたら、当館に原因があるのではなく、ミツバチ屋さんに原因が
有ることが証明できます。
 到着時は、輸送によりミツバチさん達が少し死にました。
3日経過すると、箱の中で死ぬミツバチさん達がほとんどいなく無くなりました。
これが普通です。
前回のミツバチさん達は、毎日のように沢山巣箱の中で死にました。
 導入後3〜4日でミツバチさん達が受粉活動を始めました。
今までは、ミツバチさん達が死ななくて、すぐに受粉活動を開始していたので、
特に感激しませんでしたが、今年は何度もミツバチさん達に苦しめられたので、
とりわけ嬉しく感激しております。
 今日は、立派なシンビジュームが富山県のお客様から再建のお祝いとして
届きました。
花の名前は、何と「苺の雫」です。
可愛らしい名前で、美味しいイチゴのイメージですね。
今シーズンは、ご来館されるお客様と共にこの美しい「苺の雫」を鑑賞しましょう。
写真1.いちご狩りハウスの届いた「苺の雫」。
可愛らしいピンクです。
写真2.12月4日に導入したミツバチさん達(2箱)。
寒くなって導入するミツバチさんは、なかなか受粉を開始しないので心配。
写真3.到着後3日間、巣箱の下のミツバチさん達の死体を集めました。
左が到着翌日。真中が2日目。右が3日目。ほとんど巣箱の中で死ななくなりました。
写真4.受粉活動を始めたミツバチさん達。今回のミツバチさん達は、少し
長細いですね。イチゴの花弁は、2〜3日で落ちてしまいますが、その後も
密があるのか花弁が無くても、受粉に行きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA