マジカヨ〜「38度の猛暑がいちご狩りハウスを襲う!」。負け組のイチゴさん達の復活への道。

山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。せっかく土日で36度と少し下がったのですが、今日からまたまた38度の猛暑へ逆戻り。しかし、14時以降に風が出て来て、秋の気配が少し感じられるようになりました。今週からは、全員が午後も仕事をしなければ仕事に遅れが出てします。女性陣にも午後作業をお願いしました。午後は、一番風通しの良いハウスで遮光カーテンを降ろして仕事をするように、作業計画を作成しました。この計画は、皆さんに好評でした。水と光の争奪戦に負けたイチゴさん達の、復活への道がスタートしました。1.ノックダウンされる前に、負けた苗を元気な苗と分離します。2.負けた苗に光と水を十分与えられるように、通常のトレイの定員に対して半分にして光と水を2倍与えます。写真1.1本おきにポットを置き換えて、水と光を従来の2倍吸収できるようにします。負け組の章姫。写真2.負け組の紅ほっぺ。これから1本おきにポットを置き換えます。写真3.負け組のあかねっ娘(ももいちご)。これから1本おきにポットを置き換えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA