苗の消毒。いちご狩りハウスのベット(ヤシ殻)にマルチ張りが完了。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は36度。最低気温は23度。日の出5時15分。日の入り18時21分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 毎度、36度の高温が続きます。午後の13時15分の仕事始めは、メチャメチャ暑く感じます。 いちご狩りハウスのベット(ヤシ殻培地)64本に全て、真白なマルチを張りました。 冬の涼しい、いや寒い時期にいちご狩りをされるお客様は、猛暑の夏にこんなに沢山の仕事があるとは、想像できないと思います。 これで、何時でも定植が可能になりました。苗に花芽分化が起き次第、定植します。 生物農薬で、苗の害虫を駆除しました。ダニは、ほぼ姿を消しましたが、まだ一部残っています。これから定植までに、粘着くんで幼虫や成虫のダニを駆除します。しかし、卵は駆除できないので、1週間に1回の葉欠きで、古い葉の卵を除去します。 紅ほっぺの苗に、葉が黄色くなる病気らしき現象が10株近く出ました。 原因は、萎黄病が、微量要素吸収不足かどちらかでしょう。過去、萎黄病は出たことがありません。 写真1は、真白なマルチが張られたベットです。長い4週間でした。早く、緑色の苗を定植したいです。 写真2は、病気みたいに葉が黄色くなった紅ほっぺ。県の技術センターに病気の調査をお願いしました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA