甲府の37.4度の暑さは、全国で3番目!37度対策のエリアの根の発根量調査。親株ハウスの作業は、水まきで、冷房代わり。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は37.4度。最低気温は23度。日の出4時50分。日の入り18時54分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 今日の甲府は、37.4度の猛暑日で、全国で3番目でした。いよいよ、本格的な夏が始まりました。館長を含め当館のメンバーも高齢化してきたので、熱中症対策が重要です。 水分の補給と休憩の回数を増やしています。これからの農業は、温暖化と高齢化の戦いです。17日に挿し木した、37度対策エリアの根の発根状況の調査。 1.37度対策で、全体の活着は、良好です。 2.章姫の発根が一番遅いです。(章姫の挿し木が一番難しい理由です) 3.小苗ほど、発根量が少ないです。 4.全体的に根の本数が増えています。 写真1は、親株ハウスの葉欠きをする前に、親株ハウス内に水を沢山まいて、温度を下げました。冷房ほどの効果はありませんが。結構温度が下がりました。  写真2は、この暑さで萎れた章姫の小苗。まだ、発根量が少なくて自分の根から水分を吸収出来ないようです。散水回数を増やすか遮光して日差しから守るしかありません。 写真3は、章姫の発根状況。小苗は、ようやく根が2〜3本出てきました。根の量が少ないので写真2のように、萎れたのでしょう。太郎苗は、もう太い根が沢山出ており、十分根から水分を吸収できます。 写真4は、さちのかとあかしゃのみつこの発根状況。もう、小苗も大苗も、根の本数が増えて、十分自分の根から水分を吸収出来そうです。あかしゃのみつこの根の量が増えたのは、37度対策の効果でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA