長野県に炎天下の苗採りの勉強に行ってきました。(7月6日)。

いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は雨。 最高気温は24度。最低気温は21度。日の出4時35分。日の入り19時05分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。 親株の生育状況第3弾(5月21日から6月15日まで)の動画を掲載しました。 ランナーの発生がよくわかります。次郎苗からスタートして、三郎、四郎苗が出ています。 館長は、2年連続で、37度前後の猛暑日の苗採りに失敗したので、長野のいちご園さんに苗採りの勉強に行ってきました。 こちらのいちご園は、素晴らしい苗採りの技術を持っておられ、雨除けのない、炎天下の場所で苗採りをされておられます。 昨年、炎天下での苗採りをされているとお聞きして、信じられませんでした。 そこで、今回実際に苗採りをされているところを見せていただきました。 この炎天下苗採りは、技術のない人が真似をすると失敗するでしょう。 一つだけ言えることは、急所を押えれば過保護にしなくても苗採りが出来るということです。 館長は、イチゴさん達に苗採りの良い環境作りをすると同時に、イチゴさん達を過保護にしない方法を採用することにします。 写真1は、2日の月曜日に苗採りした苗が元気に育っています。今日の午後のような、強い日差しを受けると少し萎れるかもしれません。 写真2は、2日に挿し木した苗の根が発根してもう3〜5ミリ伸びています。 写真3は、光前寺。帰りに苗採りの成功をお願いしてきました。さらに、近くの早太郎温泉に入り、腰と膝の治療をしてきました。 少し、館長の腰痛が回復の方向に向かって来ました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA